-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-23 13:05 | カテゴリ:未分類


 注意:本日の記事は極めて不快です。そんなの見たくないという方は今すぐ戻ってください。苦情などはお受けできませんのでよろしくお願いします。



 皆様こんにちは……。そして限界です。

99714460.jpg

99714809.jpg


99714836.jpg

 慣れない連戦により俺の体力はもう残っていない。なんとか最後の力を振り絞って怪蟲アラグネ強を打倒したが奴の猛毒をまともに喰らってしまった……。俺はここまでのようだ。最早、今日のブログを更新する気力など残っていない。最後の手段として彼を召還するしかない。あとはたの、む……


「HAHAHA! 任せな主人(マスター)!」



99746266.jpg


「みんな、俺だZE!」


 HAHAHA! 黄金王じゅんいちは体力と気力の限界であっさりとこのオレに投げやがって仕方のないやつだNA! でもまあしゃーねえよな。ここんとこ忙しかったみてえだしたまには休ませてやらねえと俺たちの元気な姿を見たいっていうみんなの期待を裏切ることになっちまうからNE!

 じゃあ早速始めようかレッツパアアアアリィィイイ!


99723555.jpg


 イェーイ! シアンちゃん見てるううう!? 一緒にハロウィンイベをサックサクとやった時の写真だZE! オレのミイラ姿もイカスけど君のオバケ姿もイカしてたZEー。


99731164.jpg


 お次は迷宮だあああ! ヒイアアウィィゴオオオオオオ!


99732883.jpg


 HAHAHA! 恥ずかしがってオレを見ようとしてねえエルキもしょうがねえなー。恥ずかしがり屋ちゃんだNE!


99740115.jpg


 お次はアイスボンバー150体を討伐したんだっけNA。オレだって真面目にやりゃそこそこ強いんだ。こんな虫どもなんざ相手にならねえってもんだYO。

99742073.jpg


 赤きオーラを纏った姿超絶イカシテネ? ただでさえ「赤き肉塊」とかって呼ばれてるこの俺がYO、赤きオーラなんて纏ったらもう最強みてえな、無敵みてえな? もう虫どころか近くにいるチャンネエも思わず腰砕けってなもんだNA。HAHA困っちまうZE!


 おっとそろそろ時間のようだNE。ん? なんDA、みんな寂しいのKAI? おいおいもう会えなくなるわけじゃねえんだしそんな悲観すんなって! みんなが寂しいようにオレも寂しいけどサ、今日は緊急の代打みてえなもんだからしょうがねえって! みんなが求めてくれればYO、またすぐに会えるって! いいかい、オレはいつでもみんなの心の中にいるんだZE! 
 やっべ今の超絶イカしてネ? もう、まったオレに惚れちまった娘が現れちまうNA! そんな君に大サービスDA!






99746339.jpg


 さあいつでも飛び込んでおいで!


 本日の記事で不快になられた方がいたら下のバナーをクリッククリック。未だかつて無いほど書いてて不快でした。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ
スポンサーサイト
2013-04-03 11:43 | カテゴリ:未分類
 やあやあ、お久しぶりでございます、じゅんいちですよ。
 ブログ開設から早五日! なんとまあ、意思の弱いことか二回目の更新がこんなに遅くなるとは自分でもビックリです。実のところ

「二、三日に一回のペースでアップできればいいべ~。単なる自己満足やしー」

 とか抜かしながらのブログ開設ではあったのですが、まさか五日も経つとはね。てか毎日のように更新しているブロガーさん凄いなぁ。プレイしながら記事書いたりしてるんじゃないかと勘繰ってしまいますよ。
 本当は昨日の内に更新しようと思ってたのだけれども思いの外、私事も溜まっていまして更新できませんでした。今日はその内容をメンテナンスの間に書いていこうと思ってます。

 それは毎日の日課であるサブの職人依頼をこなしているとフレンドチャットが飛んできた。

「迷宮いこう」

 数少ないサブのフレンド。フレンドというよりリアル家族。母親である。ちなみに現在、私は一人暮らしをしているのだが諸事情があり一時的に実家で生活している。つまるところ違う部屋にいる母親からわざわざフレンドチャットが飛んできたのである。
 
「OK! 今すぐ行ける?」

 母親が頑張って未だ慣れないキーボードを操っての伝言である。口頭で返事をするのは野暮ってものだろう。
 二つ返事で了承した俺はレベル37の僧侶。パッシブなど皆無。職人で設けた少々の金で装備こそしっかり揃えているがサポートのみでハヌマーン強など出てきた時は死を覚悟するレベルだ。それは母親の方も同じである。母親もまたサブなのである。レベルは36。職業は盗賊。もちろんパッシブなしである。そう例え弱者であれど結託すればハヌマーン強など恐れるに値しないのだ。
 事実、俺たちはこのサブたちを使って最近は毎日、迷宮に行っては福引券を頂いている。そう、俺たちは油断していたのだ――。

 迷宮に潜るとマッチングされた仲間は珍しく皆プレイヤーだった。他二人の職業は盗賊、旅芸人。共にレベルは35だった気がする。知らず俺は小さく呟いた。

「今日は余裕だな……」

 その言葉通りに順調に我々は迷宮を突き進み、何の苦もなく4階に到着した。その刹那だった――。

 チャレンジフロアのお知らせです。これより皆さんには常に呪いをその身に宿して戦っていただきます。繰り返します……

 不穏な空気が漂い始めた。いや、これは空気などといった生易しいものじゃない。これは明らかな殺意だった。
 案の定、我々のパーティーは崩壊。手始めと言わんばかりに旅芸人が狙われ、呪いで動けずに回復できない。彼はあっという間に屍となった。

「まずい……」

 なにがまずいのか次に狙われたのはパーティーの生命線である僧侶。俺である。
 ぬるりと鮮血に染まったブラッドソードが哂った気がした。
 その瞬間、僧侶は倒れこんだ。

 この時点でもう今回の迷宮は攻略不能と悟った。潔く何もせずに自殺した二人を見つめながら住宅村に吐き出された。
 当然のことだが回復してすぐさま魔法の鍵を手に取っていた。

 だが、しかし二回目の迷宮は呪いなど受けずとも苦戦した。迷宮のレベルが42である。パーティーの平均レベルが37程度の4人では迷宮の主の間へと行くだけでも骨が折れた。その先に待っていたのはハヌマーン強ではなかった。
 変態おじさんことバリクナジャである。俺たちはあっさりと死んだ。じひびきなど使われることなく通常攻撃のみで死んだ。

 ここまで累計40分強。それだけの時間を費やして福引券が得られない。もうだめだ、奥の手を使う。
 姉が使っているwiiを俺の部屋へと移動させ起動する。

「wiiUの力を舐めるなっ!」

 そう、俺はwiiU版を使っている。姉のはwii。俺のサブをパッドで姉のキャラクターをテレビで同時プレイする。人生初の二垢プレイというものに挑戦だ!

 結果から言おう。見事に勝利を収めた。
 俺の二垢プレイは姉のキャラクターをバトマスにしたお蔭で(かなりぎこちなかったが)うまくいった。
 あれは凄いな当然のようにやっている人は本当に凄い。片方ですてみ、片方はスクルトなんて地獄かと思った。

 
 そんなこんなで迷宮をクリアした俺はそのままメインであるじゅんいちの迷宮、日替わり討伐をクリアして、さあバトマスの特訓をするぞ、と思っていたのだが。

「あ、あと30分くらいしかできないや……」

 すぐさま酒場へ直行した。



 これにて今回のブログは終了。またもや画像なしの記事になってしまった……。しかも無駄に長いし、後半ダレたし、もう最悪。いかん、もっと簡潔に表現する術を身に付けなければ。
 最後まで見てくださった物好きな方がいたとしたらありがとうございます。次回は画像付きのブログを更新しますので見てくだされば嬉しいです。ここまで一切、じゅんいちの姿を披露してませんからね。その雄姿をお楽しみに!
 


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。