-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-09-24 12:03 | カテゴリ:その他


 最近ではアニメやゲームの事を二次元なんて呼び方をするようになってから暫く経ちますが、そんな二次元が好きな方をオタクと呼びますが、ひょんなことから本物の人間と結婚しちまう場合もあるわけで、それがネトゲの中で知り合ったり、オフ会で知り合ったりと色々な形があります。結婚すればひょんなことからまぐわうってのが男女ってもんで子供だってできないとは限りません。
 
 そんなアニメやゲームが好きな方でも自分の子供ができるとなると嬉しいものです。それが女の子が誕生するとなったら浮かれるのも道理です。

「幼女」ですよ「幼女」

いやいや、自分の子供をそんな言い方をしてはいけませんが愛でることこの上ない対象です。生まれた娘が美しく可愛く育ってほしい。……いや、おっきくなってほしくない。いや育ってほしい……ごにょごにょごにょ……


 まあ、ありがちな父親の葛藤でございますな。

「おぎゃーおぎゃーおぎゃー」

「元気な女の子ですよ、お父さん!」

「ありがとうございます! うんうん、でかしたぞ!」

「あなたの娘よ、抱いてあげて?」

「ははっ、すごいよ。この子、可動箇所が多いよ!」

「あなた、当たり前でしょ。フュギュアやガンプラじゃないんだから」

「ははっ、ごめんごめん。なんか夢みたいでさ!」

 それもそのはず、生身の人間を愛でるなんていうことに慣れていない父親でございます。嬉しくはあるが少々戸惑い気味にもなるってもんです。

「さっき鳴き声聞いて思ったんだけどさ、鳴き声はしょこたんに似てなかった!?」

「知らないわよ! もういいからこの子の名前を考えてちょうだい!」

「名前、名前か……。デフォルト設定はないもんな……」

 と心の声を呟きつつ、父親は考えを巡らせます。
 娘が生まれたのなら育ってほしい。いや、育ってほしくない……。よくもありがちな複雑な心情でしょう。オタクの父親となるとちょっと意味合いが変わってくる気もしますが、まあそこは置いておいて。とにかく、みんなに可愛い可愛いと愛される演技の良い名前をつけたいものだとお寺の和尚に相談しに行くことにしました。
 このオタクの父親、なんでお寺の和尚と知り合いかって? それはこういうわけなのです。

「いやあ和尚殿、お久しぶりですな!」

「これはこれはお久しぶりですなあ。実際に会うのは一昨年の沖縄料理屋でのオフ会以来ですかな?」

「はは、いやお恥ずかしい。あの日の私は胃腸炎で死んだ魚の目になってましたからな」

「はっはっは、まさしくパーティで一人だけザラキーマ食らったみたいな顔でしたな。して、今日はどうしたのかね?」

「いやあ、実は娘が生まれまして」

「娘……。ゲーム内でか?」

「……いやいや、そんな要素は実装されてないですよ」

「ああ、すまんすまん。わしも貴殿も二次元と三次元の区別もつかないオタクと違って常識のあるオタクじゃからな。してその娘がどうしたのだ?」

「ええ、それで信頼のおける和尚にですね、いい名づけを……」

「許嫁!? さすがに、それは……」

「さすがにそれはねーよ。いやいや、他でもない和尚に名前を付けていただきたいんですよ」

「ふむ、わしも仕事がら、名前をつけてほしいというのはよく言われるが他でもない貴殿の頼みとあらば喜んで引き受けよう。それで子供にどんな成長を望んでおるのだ?」

「ええ、なんかこうみんなに可愛い可愛いと愛される名前をつけてほしいんです!」

「愛される名前ときたか……。それはいくらでも知っておるぞ」

 そういうと和尚は愛されそうな名前をたっくさん父親に教えました。

「ああ、どれもこれも良い名前だ! さすが和尚。私と趣味が合う! うーん、どれも捨てがたい!」

 欲張った父親はその愛されるという名前を娘に全部つけてしまいました。まあ、もうお分かりだと思いますがその名前というのが

ゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエル

 と恐ろしく長い。早速、つけた名前を和尚に報告。

「で、どんな名前にしたんじゃ?」

「はい。ゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエルのエアリスにしました」

「……ちょっと長くないか? とは言え、わしが考えた名前をぜーんぶつけてくれたのは嬉しい限りじゃ。じゃがな、一つ引っかかることがある」

「へっ、なんでしょう?」

「お前の娘のゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエルのエアリスという部分じゃが……。わしはそのキャラは言ってないぞ」

「ええ、それは父親として好きな名前を加えさせていただきました!」

「それはなんか違う。統一感がなくなるし、しかもそのキャラ作中に死んじゃうからね! ゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエルにした方が断然良い!」

「いいや、こればっかりはいくら和尚でも譲れませんよ! きちんとエアリスも加えて、ゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエルのエアリスにした方が良いですって!」

 まあどこの世界にも他人から見たら些細な違いしかない細かいところで大喧嘩するってこともあるもんです。

「絶対に! ゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエルにしたほうがいいって!」

「いやいや、ゼシカゼシカムーンブルクの王女ローラ姫アリーナマーニャビアンカフローラミレーユアンルシアアンルシアアンルシアのミネアデボラマリベルアイラバーバラミーティアリッカルイーダラヴィエルのエアリスの方がいいですって!」

 とまあどっちも引かぬ殴り合いの大喧嘩。
 しかし途中でその大喧嘩がぴたりと止んだ。

「しまった! 今日はストーリー進める約束だった!」

「そうじゃった! 急いでインせねば!」


エステラたん10


エステラ


「おいおい、あんまりにも名前が長いもんで、新キャラが出ちまった」

 おあとがよろしいようで。




スポンサーサイト
2015-11-21 14:18 | カテゴリ:その他



 突然ではあるが、じゅんいちは悩んでいた。

 アストルティアには様々なコンテンツが追加され、冒険者たちは自身の力、知力を磨き上げ強敵に挑んだり写真を元にお宝を探し当てる等、やれることはたくさんある。しかし、ここ最近この世界の衰退とまでは言わないが勢いと言うべきだろうか……。冒険者たちの熱気が少なくなっているのではないか。
 現実として一時的か恒久的かの違いはあれど冒険から身を引き、隠居する者も少なくないように感じる。いや、昔からそういった方たちは一定数は存在したわけだが、最近は特に多く感じる。

 無論、それはじゅんいちの気のせいかもしれないが、彼自身もまた冒険に対するモチベーションが下がってきているからこその悩みかもしれない。

 そうして彼は悩み、考え、この世界に一体何が足りていないのか一つの結論に達した。

 
 強敵との戦い、生活系コンテンツ、金策。これらは全て満ち足りているだろう。アクセサリ合成も然り。全てを完璧に楽しみきっている者など希少だろう。ならば後は何が足りていないのか。それは――


 ――そう、愉悦である。純粋な愉悦。

「よし、アイドルをプロデュースしよう」



 ダウンロード11月21日




 黄金P(プロデューサー)ここに爆誕である。

 そう、この世界に足りないもの、それは大衆を魅了する偶像(アイドル)。綺羅星の如く輝く存在。そういった存在が足りていない! 
 マイユ? アンルシア? じゃかあしい! そんなちゃちなもんじゃねえ! 冒険者たちのアイドル! 冒険者を惹きつけ、魅了する者が必要だ!

「ともあれ、まずはスカウトだ。待っていろ! 路傍に転がるダイヤの原石たちよ! プロデューサー兼スカウトマンであるオレが今いくZE!」



 まずはグレンでアイドルにとって必要不可欠なグラマラスデンジャラスわがままボディを持つオガ子を探そう。
 偶像股間探索装置(アイドルスカウトセンサー)に意識を集中し、町中を見渡す……。

 びくんっびくんっ!

「むう! 股間(センサー)に反応あり! 今ゆくぞううう! URYYYY!」


「失礼、そこのレディ」

「はい?」

「アイドルになりませんか?(にっこり)」びくんっびくんっ


「………………」


「とうこん打ち! ばくれつけん! ムーンサルト! せいけん爆撃!」
 

「おお、煉獄なう」


 スーツに身を包み、極上の笑みを浮かべている大男に対して容赦なくコンボを浴びせられる精神性。追い求める前例のない素晴らしいアイドルとしての素養! うむ、合格! 無理矢理名刺を渡しておけば彼女も冷静になった時に連絡をくれるはずである。うむ、前途良好である。

 この調子であと数人、選ばれし至高の偶像(アイドル)を厳選し、世界を救済する! そしてゆくゆくは育てあげたアイドルたちに「プロデューサーさん! ちゅっちゅ。みたいな展開が待っているのである! びくんっびくんっ!


 唯一の不安材料としては先刻スカウトに成功した(と言っても過言ではない)彼女の打撃ラッシュでスーツが破けてしまったことであるが、まあ問題はなかろう。この誠意という名の大胸筋を見せれば何の問題もない!


 びくんっびくんっ!びっくーーーん! どぴゅん。

「むう! またもや股間(センサー)に反応あり! しかもこの反応はただ者ではない!」

 ダウンロード11月21



「そこのレディイイイイ! (アイドル)やらないか!?」


















ダウンロード11月21日1


 ここでニュースをお伝えします。本日未明、メギストリスの都で全裸になった男が卑猥な言動を繰り返し逮捕されました。自称プロデューサーと名乗る男は逮捕後、世界を救済する為と意味不明な言動を繰り返しているため警察は精神鑑定を行う予定との事です。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
2015-11-19 10:56 | カテゴリ:その他


 やあ、全国幾万幾億のじゅんいちファンのみんな! 待たせたな。この俺が帰ってきたぞ! はい、拍手! え、待ってなかったって? はっ、みんなツンデレだな! ツンデレだよね……?


 はい、本当にお久しぶりです。いよいよ死亡説まで流れていたわたくしですが、生きております。いや、まあ今年は色々あって死んでいても不思議はなかったのですけどね。

 いやはや、時の流れというのは早いもので前回更新から早七か月が経過していますね。七か月ですよ七か月。半年以上じゃないですか! いやあ、ブログ更新しなくなったということはドラクエも引退しちゃったんじゃないかと思われている諸君。安心してくださいインして(入って)ますよ。


ダウンロード11月19



 ほーら、ちゃんとレグナードも倒してるんですよ。(連れてってもらっただけ。そしてこの一回だけしか挑んでさえいない)

 なに? 攻略法が知りたい? ならば教えてしんぜよう。強いフレンド3人誘ってその人たちの言う通りに動いてりゃ大丈夫だ。一番強いレグナードは挑むな! 身の丈にあった戦いをしておけ。以上!


 レグナードだけじゃなくて、色々ちゃんとやってますよー。バージョンアップで待望のレベルキャップ解放がきましたからね。迷宮いってメタキン倒してレベル上げとかもしてますよ。




ダウンロード11月19日2

 

 ほら、ちゃんとフレンドと迷宮いってるで、しょ……。



ダウンロード11月19日


 原始人? 


 この奇抜なドワーフはへらちょんぼさんと言いましてね。奇抜なドレスアップに身を包み、ことあるごとにブログ更新を急かしてくるお方なんですよ。
 いや、こんな場末も場末。小汚いBBAがやってるようなスナックじみたブログの更新を待ってくれてるなんていうのは凄く有難いことなんですけどね。こんな格好の人に言われると全ての気力が削がれますよね。


 ちなみに彼にはファンがいるらしいんですけどね。ブログとかなんもやってないですからね。俺ブログやってたし、Twitterもやってるんですけどファンですなんて言われたことないからな!

 いやまあ、俺も随分昔になるけど一時期めっちゃブログ更新してたしぃー。ファンの一人や二人いるけどね! 俺のファンたちはアレだ、恥ずかしがり屋のシャイボーイ&ガールだからね! 陰ながら応援みたいな? そういう感じだしぃ?
 ぜんっぜん、羨ましくないからなっ!

 満足か、へらちょんぼ! このやろー! 覚えとけよおおおおおおおぉぉぉぉっっ!



 はい。すいません久しぶりのブログ更新で少し興奮してしまったことをここにお詫びします。次から頑張るから許すがよい!


 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 久しぶりすぎてランキング協会のマイページになかなか入れませんでした。頑張ってバナー用意したから押すがよい!


 
2015-04-02 13:04 | カテゴリ:その他


 皆様こんにちは。

 昨日のエイプリルフールは皆様楽しめましたか? ブログをやってる人たちが趣向を凝らした内容の記事を次々と上げていっていましたがお気に入りの記事はありましたか?

 俺はというとやはり一番衝撃的だったのがあのブログですなあ。多分ですけどほとんどの方に衝撃と驚嘆と畏怖の念を抱かせたのではないでしょうか。
 そう、当ブログでもネタにさせていただいた「みきプルーンの苗木」様でございますね。いや、アレは本当に凄いことですよ。まだ見ていない方もいるかもしれないので詳しくは書きませんがアレを作り上げた精神力と胆力は恐ろしいものがあります。ただただ尊敬するしかない。

 俺も今年の企画として一週間前くらいから計画を始めて走り出したわけですがみきプルーンの苗木様は二か月前から走り出してますからね。距離にしたら日本縦断くらいしてるんじゃないでしょうか。


 当ブログでも「モンブラーズ殺人事件」という記事を上げましてどれだけの方に見ていただけたかはわかりませんが、正直言って失敗しました


ダウンロード032701


 何を隠そう四月一日に向けて書いていた記事は「モンブラーズ殺人事件」ではないのです……。内容的にエイプリルフールじゃなくてもいい記事でしたからね。
 計画を立てた段階でかなり膨大な量になるだろうと見越して一週間前から書き始めていたのですが、それでも半分程しか書くことができずに、このままでは間に合わないと判断して急遽書き起こしたものが「モンブラーズ殺人事件」でございます。
 構想はだいぶ前から練っていた内容だったのですが正直もう少し丁寧に書いてやりたかったなあというのが本音ですね。

 ということで今年は不完全燃焼に終わりそうだと思った俺はなぜかはわかりませんがTwitterにおいて「赤き肉塊のJUN」というキャラクターで呟いておりました。まあ、それもやり始めた早朝がピークという体たらくでしたけど。


 エイプリルフールは年に一度のお祭りと俺は勝手に思っています。時折、嘘をついていいのは午前中だけで午後はネタバラシをする時間。と聞こえてきますし、俺ももちろん知っています。まあ、それもはっきりとした起源があるわけではないので何が正しいかはわかりませんが。

 ですが、普通の人って日中は仕事していたり学校へ行っていたりして午前中にリアルタイムで楽しむことって中々できないと思います。
 今やネット社会と言われるまで情報が簡単に手に入る世の中ですし、楽しんでいる様子もなくただただ嘘の結果だけ知れてしまうこともあるかもしれません。
 だったらまあ一年に一日くらいは四月馬鹿になっていいんじゃない?って思うんです。午前中だけしか嘘ついちゃいけないんだよ、とか野暮なことは言わずにさ、楽しめばいいじゃない。



 何はともあれ嘘をついた方もつかなかった方もお疲れ様でした。特にみきさーん。お疲れ様でしたー! 非常に楽しかったですよ! 

 しばらくの間、ラストきゃんかわスマイルのおかげで充電OKです!


 さて、短いですがこの辺で失礼します。ああ、そうそう本来公開しようとしていた記事は出来上がり次第アップしたいと思ってますので近い内にお見せできればと思っています。その日まで覚えていてくれたら俺はみんなのこと

 はぁ。。。好き。。。

 ってなりますよ。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
2014-07-01 13:41 | カテゴリ:その他


ダウンロード(91)


ダウンロード (89)



ダウンロード(92)



「うああああああああ!」


 悪夢――。

 続けざまに飛び込んでくるビジョン。そのどれもが自らの死という結末になる。これが悪夢と呼ばずに何を悪夢と呼ぼうか。


ダウンロード (71)


 いつの間にかこのオルフェアのベンチで寝てしまっていたらしい。正直、夢で良かったと思う反面、最悪の悪夢に吐き気もする。リアルすぎる死の奔流。あまりにも現実的で痛覚さえ感じそうな体感。まったくもって理解し難い。敵にやられるという夢ならば見ることもあるかもしれないが、最後のビジョンは明らかにフレンドに殺されていた。あのビジョンでの俺に一体なにがあったのだろうか。

 なにはともあれここは素直に夢で良かったと胸を撫で下ろしていいだろう。


ダウンロード (69)

「お目覚めかい?」


「……何者だ?」


 真後ろからの声に反応する。全く気配がしなかったが最初からそこにいたのか、それとも俺が目覚めてからそこに来たのか。悪夢に動揺していたとはいえ気配が感じさせずに近寄るなぞそうできることではない。横目でちらりと一瞥するも、その独特の着ぐるみに隠され姿を知るどころか変声機でも使っているのかその正体を知る術がない。


「ふふっ、ボクが何者かなんてどうでもいいことさ。それよりもキミ、死ぬ夢を見たろう?」

「貴様、何故それを……?」

 夢など自分以外に視覚できるわけがない。この得体の知れない着ぐるみはこの一連の悪夢について何か知っているというのか。

「理由なんて些末なことさ。その夢はね、予知夢ってやつだよ。必ず死は追いかけてくる。このままだとキミは殺されるよ、この物語に――」

「はっ、くだらん。貴様のような不細工な着ぐるみに付き合ってる暇はない。これから日課の――」

「キラキラ拾いに行くんだろう? だから気をつけた方がいい。――キミが生き残れることをボクは星に願っているとしよう」


 俺の言葉を遮るように語り着ぐるみは去って行った。

「死神め――」

「救いの神って言って欲しいなあ」


 どこからともなく声がした。姿は見えずとも俺の動向を窺っているということか。忌々しいことだが奴の言うことにも信憑性がある。俺が見たばかりの夢を言い当てこれからの行動さえ当てたのだ。どんな能力(ちから)かは知らないがここは大人しく奴の言うとおりに気を付けていくしかあるまい。
 
 しかし、死の危機なぞこの世界にはいくらだってあろう。常に死を意識し行動するなぞ当然といえば当然なのだがこれから未来永劫、死へと誘われる恐怖と闘わなければならないのだろうか。


ダウンロード (67)


ダウンロード (66)


 道中の雑魚相手にも全力を尽くす。先ほどの悪夢ではこのスライムエンペラーに殺された。きっと夢の中の俺は慢心や油断をしてやられてしまったのだろう。







ダウンロード (90)


「ふふふっ。やっているねえ……。必死になるのも良いけれど今の時期を考えなよ~。彼らならばキミの願いも叶えてくれるかもしれないよ?」



 洞窟内に奴の声が響く。時期、願いを叶えるか。これはあの場所へ行き、この死の連鎖を抜けられるように願えということか。全くもって忌々しいが言うとおりにする他あるまい。


ダウンロード (63)


 七夕の里。ここで祈ると願いが叶うと言われている場所。ある者は億万長者を願い、ある者はアクセサリーの理論値を願う欲望渦巻く空間と言ってもいい。確かにここで織姫と彦星の依頼を完遂した俺ならば願いを聞き届けてくれるやもしれぬ。

ダウンロード (64)


「死の連鎖から抜け出せますように」






ダウンロード (61)

「よお、いるんだろう、そこに」



ダウンロード (60)

「ふふっ、バレていたかい。祈りを捧げたみたいだね。これでキミが死の連鎖から抜け出せるといいのだけど」


「どうでもいい。ここまでしてもなお死が追いかけてくるというのなら受けて立ってやるよ。全てを蹴散らし生き延びてみせる。未来が怖くて現在を生きることなどできはしねえよ」

 すっと立ち上がり思い切り伸びをする。そうだ、死ぬのが怖くて冒険者などやってられない。冒険者は誰もが皆、多かれ少なかれ死と隣り合わせだ。そういった旅路にそれぞれの意味を見出し冒険を続けていく。何を怖がっていたのか自分でも笑ってしまう。


ダウンロード (88)


「……そうだね。冒険者は常に死と隣り合わせ。いつだって死は近くにあるものだ。キミにはボクの助言なんて必要なかったかもしれないね」


ダウンロード (59)


「ここで死ぬキミには、ね……」

「なっ……! ぐっ……」


 肩に激痛。迸る血液。駆ける生の鼓動と死の衝動。体が痺れ、言うことをきかない。見覚えのある短剣からは猛毒の色が見てとれる。これは、夢などではない。


ダウンロード (87)



 血を吐き、地面に倒れる。変わらず肩からは勢いよく血液が流れていく。その様子を見ながら俺の意識は途絶えていく。完全に意識が落ちる直前、着ぐるみを脱いだ奴の姿がぼんやりと映った――。


ダウンロード (86)

「な、ぜだ……。エル、キド…ゥ…」


 最後に見た彼女の表情は着ぐるみのように邪悪な笑みを浮かべていた――。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。