-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-01 12:08 | カテゴリ:モンブラーズ殺人事件


「答えろ! キャロル(コンシェルジュ)!」


「じゅ、じゅんいち様……!」


「……罪を償い、更生して戻ってくるんだ。そうしてまた俺の身の回りの世話を――」


 グサリ。


 言い終わるよりも早くじゅんいちの腹部に激痛が走る。目の前には槍を突き刺してきた真犯人の姿。

「ああ、そうか――」

 全てを悟り、次の瞬間には止めの一撃が迫りくるであろうことさえ受け入れてじゅんいちは瞼を閉じた。


BAD END
スポンサーサイト
2010-04-01 12:05 | カテゴリ:モンブラーズ殺人事件


「答えろ! 犯人はお前しか、いない!」


033116.jpg


 勢いよく事切れたエノがいる方向へと指を指す。そう、この状況で犯人は一人しかいない。だってそうだろう。読者諸氏ならば写真を見たはずである。エノが襲われた瞬間の写真を――


033114.jpg



 今日一日、会合の様子を撮影していたカメラマン。右手に握られた短剣は血液を浴びて朱に染まっている。この現状を見て他に犯人などいるはずもない。

 彼女は何も言わず呆然と立ち尽くし中空を見つめる。

 右手に握っていた短剣が床に落ち、からん、と悲しく音を立てていた。

GOOD END









 おめでとうございます。見事犯人を当てることができましたね。簡単でしたでしょうか?

 わかるわけねえだろって意見も簡単すぎるという意見も何言うてるかわからんって意見もあるかと思いますが一人でも面白かったと思っていただいていれば書いた甲斐があるというものでございます。

 さて、最後になりましたがこちらの言葉で締めたいと思います。


 この物語はフィクションです。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ

2010-04-01 12:01 | カテゴリ:モンブラーズ殺人事件


「答えろ! キャロル!」


「えっ……。じゅんちゃん……。キャロが犯人……?」


「そうなんだろ!? なんでこんなことをしたんだ!」


「ひどい……!」


 キャロルは苦悶の表情と悲壮の表情を浮かべて泣き始める。それもそうだ。彼女が犯人なわけがない。一体、なにを見ていたのか、いや、それとも自分の考えを否定したかったのだろうか。まあ、それもどうでもいいことだけれども。

「残念、不正解だね」

 どこからともなく声がした。その声はとても聞き覚えのある声で、ああ、そういえばと思い至り、なぜこんな推理になったのかと後悔する。

 ザクリ。

「ぐひゅ――!」

 重く、鈍い音。それが頭上から聞こえた瞬間に視界に入った真犯人の姿。禍々しいオノを振りかぶりもう一度、今度こそ止めとばかりに思い切り振り下ろした――


BAD END
2010-04-01 11:55 | カテゴリ:モンブラーズ殺人事件

「答えろ! ゆっき~!」


「お、おら!? な、なんでおらやねん!」


 ゆっき~は驚愕の表情を浮かべながら反論する。そう、まったくなにを見ていたのやら。彼が犯人であるはずがないのに。


「残念、不正解だね」

 どこからともなく声がした。その声はとても聞き覚えのある声で、ああ、そういえばと思い至り、なぜこんな推理になったのかと後悔

する。

 ブシャリ。

「がっ――!」

 重く、それなのに鮮やかな程綺麗にじゅんいちの喉は切り裂かれ声を上げようにも上げられない。その視界に映る真犯人の姿を網膜に焼き付けながら止めとなる短剣の一撃が目の前に迫っていることを知った――


 BAD END




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。