-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-10 13:23 | カテゴリ:ボス


 皆様こんにちは。お久しぶりのじゅんいちです。

 本日7月10日のメンテナンスを終えていよいよ新コインボスであるグラコスが実装されましたね。皆様朝から福引に精を出していましたが何を隠そう俺も貯めこんだ福引券を消化してきました。

 一応、グラコスコイン4枚を入手できましたので満足のいく結果になりました。さてさてこの手に入れたコインをどうしようかと思っていたらフレンドのシアンさんからお声をかけていただきました。


ダウンロード (96)


 事前情報なしで見てみたいというシアンさんの号令の下、俺も何一つ情報を得ていないまま突撃しました。

 メンツは左からアリストさん、みなぱくん、俺、シアンさんです。アリストさんとは初めましてではありましたがノリがよくて助かりました。俺の定型文とか初対面の人がいきなり聞いたら即刻ブラックリストに入れられてしまいますからね。


 挑戦した構成はパラディン、バトルマスター、賢者、僧侶です。辛うじてPVだけは見ていたので仲間呼びをすることは知っていました。あれ、事前情報あるじゃん。

 なのでパラディンがグラコスを押さえつつバトルマスターが雑魚を殲滅するという作戦ですね。


ダウンロード (94)


「いっくぜえええ!」


ダウンロード (95)


「じゅんいち、写真撮ってるでしょ」


 ばれました。初見のボスを相手に棒立ちで写真を撮るパラディン。足手まとい以外のなにものでもない。


 しかしながらそんなことをしていても倒せました。やってみての感想はそれほど強くないなという印象でした。

 構成は割となんでもいけると思いますが仲間呼びをキャンセルできるようなので道具使いもしくはパラディンを入れると楽になると思います。スタンショットもミスしなかったので危ないと思ったらすぐに使えば割と立て直せるんじゃないかと思いました。仲間呼び一回もキャンセルしなかったけど。

 大海神の怒りみたいな変な技を使ってきましたが急いで離れれば当たらないと思います。これがキャンセルできるかはわからないですがキャンセルできれば楽です。あとは武器を振り回すみたいな技もありましたがこちらはキャンセルできました。

 まあ多分ですがキングヒドラを安定して倒せるような人たちなら簡単に倒せるんじゃないかなって感じです。


ダウンロード (93)


 一発でアクセも出たので満足満足。合成は追々でいいかなー。むしろ合成でなにがつくかによっては無印でもいいかもしれない。


 最後に初めましてだったアリストさんがこれから900枚ほど福引すると言っていましたが凄い枚数貯めてますよねみんな。フレンド申請したので送られてくるといいな。

 いあいあ、スペシャル福引目当てのフレンド申請じゃないですからね。ノリの良い人だったからフレンドになろうと思っただけだからね!


 それではこれから挑戦する方のご武運を祈っております。しっかりと攻略記事書こうと思ったけど全然書くこと思いつかなかった。向いてないわ。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
スポンサーサイト
2014-07-01 13:41 | カテゴリ:その他


ダウンロード(91)


ダウンロード (89)



ダウンロード(92)



「うああああああああ!」


 悪夢――。

 続けざまに飛び込んでくるビジョン。そのどれもが自らの死という結末になる。これが悪夢と呼ばずに何を悪夢と呼ぼうか。


ダウンロード (71)


 いつの間にかこのオルフェアのベンチで寝てしまっていたらしい。正直、夢で良かったと思う反面、最悪の悪夢に吐き気もする。リアルすぎる死の奔流。あまりにも現実的で痛覚さえ感じそうな体感。まったくもって理解し難い。敵にやられるという夢ならば見ることもあるかもしれないが、最後のビジョンは明らかにフレンドに殺されていた。あのビジョンでの俺に一体なにがあったのだろうか。

 なにはともあれここは素直に夢で良かったと胸を撫で下ろしていいだろう。


ダウンロード (69)

「お目覚めかい?」


「……何者だ?」


 真後ろからの声に反応する。全く気配がしなかったが最初からそこにいたのか、それとも俺が目覚めてからそこに来たのか。悪夢に動揺していたとはいえ気配が感じさせずに近寄るなぞそうできることではない。横目でちらりと一瞥するも、その独特の着ぐるみに隠され姿を知るどころか変声機でも使っているのかその正体を知る術がない。


「ふふっ、ボクが何者かなんてどうでもいいことさ。それよりもキミ、死ぬ夢を見たろう?」

「貴様、何故それを……?」

 夢など自分以外に視覚できるわけがない。この得体の知れない着ぐるみはこの一連の悪夢について何か知っているというのか。

「理由なんて些末なことさ。その夢はね、予知夢ってやつだよ。必ず死は追いかけてくる。このままだとキミは殺されるよ、この物語に――」

「はっ、くだらん。貴様のような不細工な着ぐるみに付き合ってる暇はない。これから日課の――」

「キラキラ拾いに行くんだろう? だから気をつけた方がいい。――キミが生き残れることをボクは星に願っているとしよう」


 俺の言葉を遮るように語り着ぐるみは去って行った。

「死神め――」

「救いの神って言って欲しいなあ」


 どこからともなく声がした。姿は見えずとも俺の動向を窺っているということか。忌々しいことだが奴の言うことにも信憑性がある。俺が見たばかりの夢を言い当てこれからの行動さえ当てたのだ。どんな能力(ちから)かは知らないがここは大人しく奴の言うとおりに気を付けていくしかあるまい。
 
 しかし、死の危機なぞこの世界にはいくらだってあろう。常に死を意識し行動するなぞ当然といえば当然なのだがこれから未来永劫、死へと誘われる恐怖と闘わなければならないのだろうか。


ダウンロード (67)


ダウンロード (66)


 道中の雑魚相手にも全力を尽くす。先ほどの悪夢ではこのスライムエンペラーに殺された。きっと夢の中の俺は慢心や油断をしてやられてしまったのだろう。







ダウンロード (90)


「ふふふっ。やっているねえ……。必死になるのも良いけれど今の時期を考えなよ~。彼らならばキミの願いも叶えてくれるかもしれないよ?」



 洞窟内に奴の声が響く。時期、願いを叶えるか。これはあの場所へ行き、この死の連鎖を抜けられるように願えということか。全くもって忌々しいが言うとおりにする他あるまい。


ダウンロード (63)


 七夕の里。ここで祈ると願いが叶うと言われている場所。ある者は億万長者を願い、ある者はアクセサリーの理論値を願う欲望渦巻く空間と言ってもいい。確かにここで織姫と彦星の依頼を完遂した俺ならば願いを聞き届けてくれるやもしれぬ。

ダウンロード (64)


「死の連鎖から抜け出せますように」






ダウンロード (61)

「よお、いるんだろう、そこに」



ダウンロード (60)

「ふふっ、バレていたかい。祈りを捧げたみたいだね。これでキミが死の連鎖から抜け出せるといいのだけど」


「どうでもいい。ここまでしてもなお死が追いかけてくるというのなら受けて立ってやるよ。全てを蹴散らし生き延びてみせる。未来が怖くて現在を生きることなどできはしねえよ」

 すっと立ち上がり思い切り伸びをする。そうだ、死ぬのが怖くて冒険者などやってられない。冒険者は誰もが皆、多かれ少なかれ死と隣り合わせだ。そういった旅路にそれぞれの意味を見出し冒険を続けていく。何を怖がっていたのか自分でも笑ってしまう。


ダウンロード (88)


「……そうだね。冒険者は常に死と隣り合わせ。いつだって死は近くにあるものだ。キミにはボクの助言なんて必要なかったかもしれないね」


ダウンロード (59)


「ここで死ぬキミには、ね……」

「なっ……! ぐっ……」


 肩に激痛。迸る血液。駆ける生の鼓動と死の衝動。体が痺れ、言うことをきかない。見覚えのある短剣からは猛毒の色が見てとれる。これは、夢などではない。


ダウンロード (87)



 血を吐き、地面に倒れる。変わらず肩からは勢いよく血液が流れていく。その様子を見ながら俺の意識は途絶えていく。完全に意識が落ちる直前、着ぐるみを脱いだ奴の姿がぼんやりと映った――。


ダウンロード (86)

「な、ぜだ……。エル、キド…ゥ…」


 最後に見た彼女の表情は着ぐるみのように邪悪な笑みを浮かべていた――。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。