FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-11 13:52 | カテゴリ:その他


 皆様こんにちは。現在、メンテナンスだか何だかでプレイできないようですがいかがお過ごしでしょうか。俺は都合が良いことに寝る時間なので全く影響がないのでラッキー。そして今夜の仕事を頑張れば三連休で興奮してるじゅんいちです。


 さて本題に入りますが今回の記事は若干ながら趣が違います。そして漫画銀魂のパロディとなっております。決してパクりとかそんなんじゃないですからっ! オマージュですオマージュ。














54054551.jpg



 ――何故、俺はここにいる。最初に抱いた疑問はこうだった。覚醒しきっていない頭を奮い立たし、ゆっくりと思考を巡らせてここ数日の記憶を呼び覚ますことにした。



 俺はとある筋からとある情報を入手した。
 何でも俺の至宝たるエルキドゥを狙う良からぬ輩がいるらしいということだ。その良からぬ輩というのがこいつである。


74673441.jpg


 この水の羽衣を着たあぶらねんど。名をシアンという。幾度と無くエルキドゥをナンパし、こうして自宅に連れ込んでいる。そのエルキドゥに対する執着心は恐ろしく、虎視眈々と一線を越えるべく画策しているらしいのだ。


 俺の至宝たる彼女に手を出す事は万死に値する。だが、しかしだ。無実の者を裁いては王としてはいられなくなるだろう。ここは俺が手ずから審判してやろうではないか。黒か白かその程度の審判ならば数日の間、あのあぶらねんどを監視していれば済むことだ。


 となれば必要な物がある。張り込みに必要な物といえばジャンクフード。手軽に食べられるものでなければ張り込みをしながら食事をすることはできない。あんぱんと牛乳などが恐らく定番であろうが、この世界にそんなものはない。



74837112.jpg


 ガタラ駅の売店で売っている「ガタラの豚まん」を購入した。食事が豚まんばかりというのは気に食わないが致し方あるまい。数日の我慢だ。




 張り込み生活1日目

74673503.jpg




 特に異常は見当たらない。どうもこれからレベル上げに向かうらしい。今の内に豚まんを食べておこう。まあ、まだ1日目だ。奴さんもいきなり尻尾を見せたりはしないだろう。



 張り込み生活2日目



74673773.jpg



 今日も特に異常なし。日課である畑の世話をしているようだ。どうもこの後もレベル上げに向かうようだ。調査の結果、近々ウサ耳パーティでアトラスに向かうらしい。豚まんを食べるとしよう。




 張り込み生活3日目



74673584.jpg



 今日も特に異常なし。レベル上げから戻ってきたところのようだ。3日が過ぎたが今のところは特に何かしようという気配は感じられない。やはり俺が入手した情報はガセネタだったのだろうか。豚まんを食べよう。いい加減この味にも飽きてきた。




 豚まん生活4日目



74673691.jpg



 今日も特に異常なし。そろそろ豚まんが喉を通らなくなってきた。半分ほど残してしまった。貴重な栄養源だというのに。




 豚まん生活5日目



74837107.jpg


 豚まんが切れてしまったので買出しにきた。大量に注文した豚まんを受け取り、持ち場に帰ろうとすると後ろから「何あの人、豚まんばっかり気持ち悪い……」とか聞こえた気がした。幻聴まで聞こえてきたか。




 豚まん生活10日目



74837104.jpg



 またもや豚まんが切れたので買出しにきた。今度は駅に到着した途端に「あ、豚まんきた!豚野郎来たよ!」とか聞こえたので購入した豚まんを思い切り店員に投げつけた。少しすっきりした。




 豚まん生活20日目



74673797.jpg



 異常なし。畑に豚まんを撒き、豚まんとの戦いに備えて豚まん上げに勤しむ。このシアンとかいうあぶら豚まんは今日も何も変わらない。いい加減早くなんかしろよ。その瞬間に処刑してやる。この豚まん生活をやめさせてくれ。




 豚まん生活25日目



74674018.jpg



 何もない。ただただ豚まんを千切っては投げる。いつの頃か購入した豚まんを捨てる毎日。ここ最近は何も食べていない、否、食べられない。無理して一口だけ食べてみた。全部吐いた。





 豚まん生活30日目
















豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まんブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まんブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンブタマンぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん豚まん










54054551.jpg

 気がつくと自宅のベッドの上だった。

「そうか、俺は倒れたのか……」



 残念ながら何の成果も上げることはできなかった。きっとガセネタだったのだろう。もう二度と豚まんは食べたくない。見るのもイヤだ。とにかく誰かが自宅に運んでくれたようだ。暫く振りに彼女の手料理を食べよう。そうすればきっと気持ちも安らぐだろう。


54055383.jpg


「エル、悪いがメシを用意してくれー」


「はーい。そういえばじゅんいちが居ない間に依頼書やってきたんだよっ」 


「ほう、何を手に入れたんだ?」


「えへへー、はいどうぞっ。ガタラ特産の豚まんだよっ」


「………………」



 今日も俺は豚まんを食らう。






 何だこの記事。ていうか何で俺が手に入れる依頼書は豚まんばっかりなの。タイタス丼とかバーガーとか全然出ないんだけど。マジでこんなんなっちゃうよ俺。


 下のバナーをクリックすると貴方も豚まん地獄



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://dqjun1.blog.fc2.com/tb.php/71-1f3f857b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。